カーピカコーティング−クラスS

大変申し訳ございません。
クラスSは現在、休止中です。


カーピカコーティング【クラスS
2015年まで提供してきたプロスペックコーティングを更に進化させたカーピカチェーンせれくとの最上位のコーティングメニューです(^^)
カーピカコーティング・クラスSの特殊構造


美しい艶、潤滑性の高い表面の肌触りの良さ、防汚性能を格段に向上しました。実現したい性能から逆算して、コート剤、研磨剤、使用する機器と全てを開発しました(^^)


愛車を長持ちさせたいだけでなく、新車以上に輝かせたい!
そんなあなたの想いを実現させます

【クラスS】の仕上がりは、美しく、艶やかです。
燦然と輝く愛車を見て、「え?車を買い換えたの??」と言われたという経験をされたお客様が多くおられます。
新車時に入庫いただいたお客様にも、施工後の違いを実感していただけるその仕上がりは、まさにあなたの愛車を極上の状態に仕上げます。

立ち寄った先の駐車場などで、車を降りた際に「周りの車とは一味違う輝きと艶の存在感あふれる愛車に、おもわず微笑んでしまう。」かもしれませんね(^^)

研究開発メーカーであり、施工店舗でもあるからこそ実現できた、塗装表面の磨き技術と相反するコーティング能力を融合させたコーティングメニューです。


プロスペックコーティングから進化したクラスS

2001年3月、初期型のガラス繊維重合コーティング【プロスペック】提供開始
最上位のプロスペックコーティングを「せれくと」の店舗にて提供始めたのが2001年3月でした。
それ以降、提供し続ける毎に我々のコーティングに対するこだわりは、さらに進みました。車の下地を作るための磨き技術を向上させつつ、下処理の洗剤を自社開発したり、施工に必要な用品を自社開発したり・・・常に進化してきたカーピカチェーンせれくとのコーティング【プロスペック】は、コーティング剤も2回、バージョンアップしましたが、今回その全てを完全リニューアルしました。
2016年1月、プロスペックは【クラスS】として生まれ変わりました。


クリア塗装を減らさない磨きクラスSの特殊な下地処理
従来の研磨処理(コーティング前の下地処理)は、読んで字のごとく塗装面を削ります。傷の目立たなくなる深さまで研磨することで、その瞬間の美しさは実現します。ただ、その綺麗さは愛車の塗装を犠牲にした美しさです。
カーピカチェーンせれくとでは、傷の合わせて深く研磨する一般的な研磨方法とは決別し、塗装のクリア層を極力減らさない形でのナノサイズの研磨仕上げを生み出しました。
せれくとのナノ研磨技術


クリア塗装とは、色の塗料の上に艶出しや保護の役割で塗ってある透明な塗料です。これは、20〜30μm(サランラップ2〜3枚程度)の厚みしかありません。この透明塗装を削り取る一般的な研磨は、塗装にとっては寿命を大幅に縮める行為でもありました。(中古車で購入されたおクルマのご入庫時に膜厚を測定するとすでに純正時より10μm以上薄くなっていることも多々あります)

カーピカチェーンせれくとのナノ研磨術は、限りある愛車の塗装を削り落とすこと無く、美しく仕上げる画期的な技術です。使用する液剤も全てオリジナル製品。研磨時の機器、付属品に至るまで独自で設計を何度もやり直して開発しました。

お客様の愛車の状態データを詳細に記録したカルテを作っています

また、施工毎にお客様の愛車の詳細データを記録し、それぞれのカルテとして保存し、細かくお客様ごとに合わせた対応をしています。
お客様の塗装の厚み、劣化の度合い、傷の深さなどのそれぞれの状態によって最適な下処理研磨を実施します(^^)

正直、荒い粒子による初期研磨を行わないこと、常にナノ粒子による微細研磨だけで仕上げていく工程は、時間も非常にかかります。一般的なコーティング店の様に粗目の初期研磨から始めて仕上げていくやり方のほうが早い時間で研磨が終了します。また、おクルマの状態に合わせて選ぶ数種類のナノ粒子コンパウンドも専用設計でコストが非常にかかります。
それでも、カーピカチェーンせれくとでは、お客様の愛車の維持とケアを優先して、このやり方を生み出し、選びました。

※当店独自のナノ研磨テクノロジーのデメリット
それは、傷を消すことを目的としていない工法によるデメリットです。
一般的な研磨法の様に、粗く削り、塗装を犠牲にした方が、圧倒的に早く仕上ります。それに比べ当店では、傷をのものを消すほど深く削り込まないため、目を凝らすと傷が存在します。傷の見える角度を限定させたり、傷自体が滑らかで見えにくくなったりと、そういった処理を時間をかけて施しますので、傷が消えて見えるだけで、実際には深い傷などが消えているわけではありません。また、通常の研磨に比べ、大幅に時間がかかります。それもなるべく早くとご希望されるお客様に取ってはデメリットかもしれません。

以下の拡大写真を見ていただくと分かるのですが、特殊なライトで特定の角度から拡大すると、傷そのものは消えたわけではなく、存在していることが分かります。深く塗装を削り取る磨き方ではないと御理解いただけると思います(^^)
しかし、特殊な状況で拡大撮影しないかぎりは、その傷は見えません。傷の内側すらも磨きこ独自のノウハウが、この特殊な仕上りを生み出しています♪

何でもかんでも削り落として傷を消すことは、どこのお店でも可能です。そういった処理をご希望の場合は他店をお選びいただくことも可能かなと思います(^^)。カーピカチェーンせれくとでは、独自の繊細で細かい処理を提供し、長く愛車を維持する視点での愛車ケアをお客様とともに行っていきます。

カーピカコーティング・クラスSのコーティング層



基礎コート(ベースコート)層
より硬く、塗装に対する密着性を大幅にアップさせて、保護力をアップさせた硬化ガラス質を基礎コート専用に調合。
特に塗装との密着処理に新たな仕組みを導入しました。
塗装と基礎コートの密着度が格段に上がったことで、塗装の柔軟性に合わせつつも高硬度の基礎コートを安定定着させることができるようになりました。

【マニアックpoint】通常、塗りこみ型の硬化タイプのコート剤は、どうしても塗りムラが発生するので、塗ったら即、拭き取ります。そして塗装面に残った極薄膜を硬化させる形式が多いです。
ただ、それだけでは磨きで消せない傷や塗装の表層の凹凸への浸透時間が確保できないという欠点が発生していました。
それに対して、クラスSの硬化ガラス基礎コート層では、微細な傷、凹みへの浸透時間を稼ぎ傷の角も磨きにプラスして丸める様な効果を発揮します(^^)

上層コート(トップコート)層
近年、空気中に含まれる不純物が悪質化して、量も増加傾向にあります(PM2.5等)。それらが雨とともに愛車に降り、その雨が塗装上で乾く過程で発生する不純物の析出物(スケール)の付着を低減させる専用調合のコート層です。

↓以下の写真は、降雨後の雨が乾いた状態です。スケール付着の大幅低減が確認できます。
クラスSのスケール付着保護写真

この状況からシャンプー洗車して、ホコリ汚れを落としてスケールの付着を確認した写真が以下です。
スケール付着経過実験
洗車後は、スケール(輪染み)の付着がトップコートの無しの上側では顕著で、トップコート有りの下側には殆ど付着していないことが分かりますね。

クラスSでは、2重のコート層とその密着処理技術の組み合わせが格別な艶と保護層をあなたの愛車に実現します♪


SSサイズ(~8.0㎥未満)ミラ、アルト、iQ、コペン、エッセ、ekワゴン、ラパン等 ¥140,000
Sサイズ(8.0~10.0㎥未満)デミオ、ワゴンR、マーチ、 ライフ、i(アイ)、ヴィッツ等 ¥140,000
Mサイズ(10.0~12.0㎥未満)キューブ、プリウス、bB、 フィット、BMW3、ノート等 ¥160,000
Lサイズ(12.0~14.0㎥未満) クラウン、オデッセイ、CR-V, フォレスター、BMW5等 ¥160,000
LLサイズ(14.0~16.0㎥未満)ステップワゴン、エスティマ、 ハリアー、MPV、セレナ等 ¥180,000
LLLサイズ(16.0~18.0㎥未満)エルグランド、パジェロ5ドア、 アルファード、ヴェルファイア等 ¥180,000
XLサイズ(18.0~20.0㎥未満)ランドクルーザー200、ハマーH2、 キャラバンロング等 ¥200,000
 EXTLAサイズ(20.0㎥以上) ハイエースワイドスーパーロング等 価格応談
上記全て税別



お申し込みはコチラ


※オプションメニューは単体でのご依頼をご希望の場合は、スタッフにお問合せください。

 【クラスS・プレミアム+(プラス)】

 「最高オプション」(プレミアム+の詳細)
通常のクラスSの硬化ガラス基礎コート層を2層にするリッチなオプションです保護力強化と艶の深みが増します

【価格】
10,000円 (SS〜Lサイズ)
15,000円 (LL〜XLサイズ)
20,000円 (EXTLAサイズ)
 (未塗装樹脂のコーティング詳細)
未塗装樹脂のコーティングを行い、黒さを復活させたり、白化を軽減したりします。
クラスSでは表面部分は標準で行いますが、グリルの穴など入り組んだ形状などは追加となります。

白っぽくくすんだ樹脂パーツも、見た目も黒々と綺麗になり、その後の手入れも楽になります
【価格】未塗装樹脂
コーティング
基本的に標準:追加料金無し(面積により追加料金が発生する場合があります。)
「人気メニュー」【ドア内コーティング】
ドアの内側をコーティング
(ドア内コーティングの詳細)
ドアの内側を洗浄し、コーティングします。ドアやトランクの内側などの普段あまり掃除しない部分は汚れも堆積して固着してしまいがちです。
そこでここにコーティングを施すことで、ドア内の美しさを保つと共にたとえ汚れても水拭きでキレイに復活するメンテナンスのしやすさを実現。(^^) 

見た目も綺麗になり、その後の手入れも楽になりますよ
【価格】
ドア内コーティング
1,000円 (ドア1枚につき・税別)

【ガラスのウロコ落し&超撥水】 ↓クリックで拡大します。
+ガラス撥水も
ガラス撥水加工
(ガラスケアの詳細)
ガラスには、左の写真のようなウロコ状の汚れが付着しますね。これは雨や水道水などに含まれる不純物がガラス表面に結合してしまった厄介者です。(´д`lll) 
特にちょっと黒っぽいプライバシーガラスに付着しやすく、見た目が悪いですね。さらに、フロントガラスはこれに油膜がさらに付着して、雨天時や夜の視界を妨げますので危険です。
そこでカーピカでは、ガラスの表面を特殊なレンズ磨きの研磨剤で研磨してこのウロコや油膜を完全除去します。
【価格】

 5,000円/(ガラス1枚・税別)
15,000円/(ガラス全面・税別) 
※窓が7枚以上の場合は、プラス5,000円(税別)とさせて頂きます。
+ガラス撥水も

プロ仕様のガラス撥水加工もいかがでしょうか?
耐久5ヶ月の市販品とは比べ物にならない撥水力です。

【価格】
 3,000円/(ガラス1枚・税別)
10,000円/(ガラス全面・税別)
ウロコ除去とガラス撥水セットで割引!
ガラス1枚なら、セットで1,000円割引の,000円
ガラス全面なら、セットで5,000円割引の20,000円
※窓が7枚以上の場合は、プラス5,000円とさせて頂きます。


【ホイールコーティング】 


 
↓クリックで拡大します。
ホイールコーティング
(ホイールコーティングの詳細)
アルミホイールを洗浄し、コーティングします。ブレーキダストにグリスなど過酷な汚れにさらされるホイールをしっかり洗浄してコーティング。(^^) 
見た目も綺麗になり、その後の手入れも楽になります。
【価格】
ホイールコートB(ガラス繊維コート)3,000円 (4本・税別)
定期的(6か月程度)に施工される方向けのメニューです。

「定番の人気メニュー↓」
ホイールコートP(専用のコート剤にて保護)
厚い膜でホイールをコートします。艶はもちろん長期的な保護をお考えの場合はコチラをオススメします。
10,000円 (4本・税別)


ヘッドライト・リフレッシュ】  ↓クリックで拡大します。
ヘッドライト研磨
(ヘッドライト・リフレッシュの詳細)
ヘッドライトは、年数が経過してくると、くもってきますよね?。(´д`lll) 
ヘッドライトが曇ると、愛車の見た目も古っぽく見えて、夜間の視界も悪くなってしまいますね。
そこで、カーピカでは、ヘッドライトの表面を完全研磨。ピッカピカの新品のようにヘッドライトを再生します。
仕上げに、ヘッドライト専用コーティングをヘッドライトに塗布するので、艶も出ますよ(^^)
【価格】
8,000円/片側 (税別)

 


  よく広告などで3年保証、5年保証という表記を目にすることがありますが、その保証というのは業者側からの一方的な視線ではないでしょうか?

  施工業者側から見れば、
■車のコーティング皮膜がその車のボディに残っていれば、「皮膜が残っている」と主張できるかもしれません。
■また、メンテナンス剤と称して施工液を薄めたものをお客様自身で施工し直す事で、5年間もつという事も表記出来るかもしれません。
しかし、それはあくまでも業者サイドの目だと感じます。
  お客様にとって、皮膜が残っているかどうかというよりも「自分の愛車が綺麗かどうか」の方が大事なのではないでしょうか?コーティングの皮膜の上にも黄砂や洗車によっては、微細な傷は付きます。そして皮膜の上に傷が付いた事によって輝きは鈍ることもあります。そういった意味を考えてもコーティングの保証というのは、曖昧で、それによって施工金額を高額にするというやり方は私共の考え方とは異なります。施工代金は、ごまかしなく、そのコーティング自身の施工に関する金額で、メンテナンスなどのお付き合いの部分は、お客様の状況によって変動するサイクルにあわせた、ご案内がふさわしいと思います。 
 
私共では、常にお客様の車が綺麗に保たれていることを望んでおりますので、定期的な洗車をオススメしています。洗車の時間帯や場所でお困りの際は、当店のコーティングPITをお貸しする、レンタルピットをご利用ください(^^)。
 クラスSの1年以内の厚塗りメンテナンス(最小限の研磨にて表面を整えて、クラスSを施工)は、クラスS標準料金の40%OFFで受付させて頂いております。(傷などが多く、標準と同じ工程をご希望の場合は、定価となります)


お申し込みはコチラ
Comments