施工日誌‎ > ‎

ガラスのウロコ(鱗状痕)を除去。ムーヴ

2014/01/20 14:33 に カーピカチェーンせれくと が投稿
おはようございます(*^_^*)
昨日、I様がご注文いただいていたフロアマットを取りに来られましたd(´∀`)
ナノゾル工法にて施工させていただいたハイラックスサーフ。ばっちり綺麗に輝きを放っていました~
I様も違いを実感いただけているとのことで、経過観察もさせていただきました♪
連日の実験車両でのテストなどで、かなり工法の体系化ができてきました★
傷、くすみが気になる方は、どうぞお気軽にお問い合わせください^^ テスト車両でのパネルテストの状態なども見ていただくことができます♪


そして、施工報告させていただくのは大分市のA様。
車の窓にビッシリウロコが付いて、もう視界が大変見にくくなっちゃってとのご相談です。

(Before) びっしりウロコが手で触っても凹凸が分かるレベルに成長しています。。。何ゆえ、ここまで(;^_^A

(Before) 助手席のガラスです。窓の外が良く見えません(;^_^A これでは運転がキケンですね

(After) 運転席側★ すっきり綺麗になりました

(After) こちら、助手席側。綺麗に外が見えるようになりました^^

写真では、あっさり綺麗になっていますが、実は今回、ものすごく時間がかかってしまいました。
カーピカでは、溶かすタイプの液剤を使用しません。大雑把に2つの理由があるのですが、ひとつはガラス本体への影響と、もうひとつは施工者の健康被害を起こす物を使用しないという取り決めです。
粒子の粗く硬いもので研磨すれば、もちろん簡単に研磨できますが、これは今度はガラスに細かい傷を作ってしまいます。柔らかめの研磨粒子でも粒子径が大きすぎるとそれも傷を入れてしまいます(;^_^A
なかなか、自動車のガラスって難しいんですよ(笑)
なので、カーピカでは細かく柔らかい粒子と洗浄成分でガラスの鱗状痕を落とします。必然的に研磨する量が少ないので、鱗状痕の厚みが厚くなっていると時間がかかってしまうのです^^;

今回のように鱗状痕が成長しまくったケースは1~2年に1台程度しかお目にかからないのですが、これはこれで全国レベルで見ると困っている人は多いのかもしれません。
この手の鱗状痕をもちょっと早く除去できる方法も研究課題に入れておきたいと思いますd(´∀`)
(といいつつ、とある可能性を施工中に思いついたので、それを実現できそうな原料を入手すべく海外の商社にすでにメールを送信済みなのですが(笑)


本日のメニュー:ガラス油膜・スケール除去
全面ウロコ除去は¥15,000です☆

ご予約に関して・・・
日によっては、予約が完全に埋まっている日もございます。ご予約はお早めに(^^)
カーピカでは、会社帰りにお車を預けて、翌日の会社帰りに受け取ることも可能です(^.^)
 ※代車をお出ししています♪ ご活用ください

メールでのお問い合わせは >コチラ
電話でのお問合せは、097-558-5811 までお願いします(^^)
Comments