施工日誌‎ > ‎

常連様のビアンテをプロスペック施工

2014/04/25 13:57 に カーピカチェーンせれくと が投稿
おはようございます、カーピカの木元です(^O^)
今日は朝から、新社屋側の駐車場のラインをペンキ塗りしてます(笑)
うまくいくかな〜(笑)

ーーーーーーーー
本日、施工報告を掲載させていただくのは、大分市A様
整備に出したら、傷だらけになって愛車が戻ってきてしまったとのご相談をいただきました(・_・;)
PIT内で拝見すると、確かに・・・

どうしても気になるとのことで、プロスペックにてご入庫となりました

(Before) 汚れていますが、この汚れを洗浄していくと

 ・・・傷がかなり見えてきました

 別のパーツでの写真ですが、深めの傷も結構あり、いったい何があったのでしょ〜

(After)
 いつもの研磨量がごく僅かというカーピカ研磨で傷を消していきます

(Before) ヘッドライト側面の樹脂も傷だらけ

(After) こちらもスッキリさせておきました(^^)

(After) 合わせて、フロントガラスの撥水加工を♪

(After) 防汚コートを最終工程で行い、いい感じの仕上がりになりました(*^_^*)

(After) 艶、色の深さ! 共に復活



 しっかり景色が映り込むビアンテの復活です☆
 A様が大事に大事にされている愛車だけに、キズキズになった姿は私達も見ていて悲しい限りでしたが、バッチリ復活させることができて良かったです(^O^)

通常、研磨を回数繰り返すとどうしても塗装が薄くなっていってしまいます。
カーピカでは長い目で見ての愛車維持を主体に考えていますので、元々、研磨を深く入れることがありません☆
1ミクロンに満たない特殊な粒子のみを使って、薄〜く1ミクロン以下の研磨を心がけているので、2回目の研磨を行っても、塗膜への影響が極力少ないレベルの仕上げを行えます♪

深い傷をゴリゴリ削って、もう2度めの研磨はできないレベルまで削って、傷を消したとしてもやはり傷はクルマが外を走るために徐々にできます。
だから、一瞬の喜びのために深く削るのは、おすすめしていません。
それより、全体的な透明感ある艶を重視して、長い目での愛車維持をできる方法をお客様に提案させて頂いています(^O^)

本日のメニュー:プロスペックコーティング+ガラスの傷埋め処理+フロントガラス撥水
こちらのビアンテ、LLサイズとなります(^^

ご予約に関して・・・
日によっては、予約が完全に埋まっている日もございます。ご予約はお早めに(^^)
カーピカでは、会社帰りにお車を預けて、翌日の会社帰りに受け取ることも可能です(^.^)
 ※代車をお出ししています♪ ご活用ください

メールでのお問い合わせは >コチラ
電話でのお問合せは、097-558-5811 までお願いします(^^)
Comments